貸切バスで合宿旅行をするメリット

貸切バスで合宿旅行をするメリット 旅行の形の1つとして、合宿というものがあります。何かの共通の目的のために、グループで泊まり込みの旅行をするというものです。特に冬場などになると、雪山に合宿してスキーやスノーボードを楽しむという方も多いのではないでしょうか。冬休みの長い大学生などの場合、このような合宿も行いやすくなります。ただ、この合宿を行う場合、1つのネックとなるのが移動手段です。どのようにして合宿場所に移動するのかを考えなければなりません。ここでは、合宿場所までの移動手段として利用できる交通手段の1つとして、貸切バスについて紹介します。

それでは、合宿の際に貸切バスを利用するのにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まずはこの貸切バスというのがどのような仕組みで利用できるものであるのかについて紹介します。貸切バスはその名前の通り、バスを貸切ってメンバーだけで利用するという方法となります。その際、出発場所と到着場所についても自分たちで設定することができる仕組みとなっています。時間の設定についても比較的自由に行うことができるようになっているため、この点も併せて便利に利用できる移動手段となるでしょう。

この点を踏まえて、合宿旅行の場合における貸切バスのメリットについて紹介します。合宿の場合、一緒に旅行をするメンバーはやはり気心がしれたメンバーとなることが多いでしょう。そのため、移動中の車内においても、自由に喋ることができるというのがメリットの1つとなります。前述の通り貸切バスの車内は自分たちだけとなるため、他の利用者に対する配慮というものが基本的に必要ありません。また、車内においては飲食もできる仕組みとなっているため、移動中からして楽しみの1つとすることができるでしょう。

次に紹介する貸切バスのメリットは、寄り道を設定することができる、という点です。例えば合宿先に到着するまでの間に、一度温泉に寄ってから向かう、というようなプランをすることもできれば、現地の美味しい料理屋を経由して目的地に向かう、ということも可能になります。自由な旅行プランを組むことができるため、合宿だけではなく、その経路についてもより楽しいものとすることができるのがメリットとなります。

それでは、実際に貸切バスを利用する場合の流れについても紹介します。貸切バスは申し込んですぐに利用できるものではなく、早目に予約を行い、プランを立てることが必要となります。前述の通り、行程を決定する必要があるためです。このプランについて、貸切バス会社との間で打ち合わせを行って決定するようにしましょう。料金についてもこの際に相談を行うことができるようになっています。

貸切バスを利用する場合の料金は、その料金システムを理解しているのであれば公共交通機関に比べて特に高額ということはありません。貸切バスの利用料金は出庫から帰庫までの時間と距離によって計算される仕組みとなっています。これが一定以上になった場合には運転手交代が発生することになるため、人件費分の料金が加算されることになります。そのため、寄り道などのプランを立てる場合にはこれらがラインを超えないように計算をする必要があるでしょう。

あくまでも出庫から帰庫までで計算されるため、出発地点がバス会社の車庫から多い場合、その分も含まれることになります。バス会社を選ぶ際には、利用したい地点と車庫との距離についても考慮しておくと良いでしょう。よりリーズナブルに利用できる場合があります。上手く利用することができれば、頭割りでみた時の料金はかなり抑える事ができ、合宿旅行を節約で行うことができるようになるでしょう。

最新ニュース